なんかサーバーが重かったのか、up出来なかった講座その4
書き直してます・・・・orz
(せっかくの休日がぁぁ・゚・(つД`)・゚・)


はい、顔・斜め編。ラストです。
講座って面倒だな・・・

っつーわけで、ガリ勉君を色塗りしてあげましょう。

ちなみに、堀部はアナログでは
コピック」という画材を多用していたので(特にコピックスケッチ)
全面塗りやアニメ塗りといった手法は使いません。
というか、面倒くさいので使いませんし、使えません(笑)
適当に、さっさーと描けるのが好きです。

コピックの弱点は細部です。
なので、
細かい部分は、超極細筆をつかっての「アクリル絵の具」や「色鉛筆」で補完してました。
あと、エアブラシも持っていたので、それも使いつつ。

アナログはさておき、
適当PC落書き講座の塗り絵編です☆スタート!

------------------



コピックの特徴である「重ね塗り」が再現できるように
フォトショップでもレイヤーを乗算にし
パーセンテージを低くして、重ね塗りのようにします。

ベースの肌色は(服が薄い色でない場合のみ)
かなり薄くして「全体の影」を塗ります。
そうすることで、統一感がでる…と思ってます。
(背景や他の人物がいれば、それもです。)
何か、高校時代の恩師が水彩画のテクニックの一つとして
「一色薄いベースをつけろ」と仰っていたので、それがクセになってるかもです。

あとは粗く塗っていますが、あとで調整するので放っておきましょう。

んで、更に色を重ねます。
今度も乗算ですが、比較的濃いめで。
もうこれで色終わり!ぐらいな気持ちで。



ちなみに指先ツールは便利なヤツです。
にじみや、なじませたい時とかだけでなく、画面上で混色も出来るので
(ぐるぐるしてたら混色できます…なんとなく)
ナイスガイです。



白黒原稿の時、特にアナログの場合
ホワイト(修正液)を入れるのは、大概最後と思われがちですが、
案外、臨機応変です。
ハウツー本などには「最後に」みたいにあると思いますが、
要所要所で使っていきます。
他の作家さんは分かりませんが、堀部はそうでした。
でないと、後で
「あ、忘れてた!」となることもあるので、気付いたらその都度。

あと、コントラストのバランスを図るのにも
先にホワイト入れたり、逆だったりします。
何にしても、
「こうだ!」
という答えはありませんので、好きなように描くのが一番ですなぁ(´▽`*)アハハ



ココで黒…つまりスミを入れます。
白黒原稿はモチロンですが、カラーでも黒を入れることで、画面が締まります。
パソコンで描く時は、いつも「こげ茶」で主線をかくので、
最後に「墨」を入れると締まってくれて有り難いです。
今回は、少なめに入れましたが
アナログだと、もうちょっといれるかもです。


で、背景をかいて、今回の講座はお終い☆
次は何にするかねぇ?横顔とか?

では、背景面倒だったので何かごまかした完成図をどうぞ~(´・ω・`)ノシ




ハイライト、使っても良かったなぁ~と今更思うけど面倒なので却下。
アナログだったら、たぶんホワイトで、色々修正してると思う。
やっぱ、筆だよねぇ・・・。

お絵描き講座・顔編(斜め)その3
下絵の完成です!おめでとうございます☆

これで、堀部のイラストの全貌が分かりましたね?
これで、あなたも漫画で食べていけます。

では、完成した下絵をどうぞっ!

============================================

どーーーーーーーーーーーーーん!!!っ


素敵なナイスガイになりましたね('ー^*)b

ゴメンナサイ

怒らないでくださいorz
何かファイル探してたら、こんなんあったからついつい(笑)
まだフォトショップに苦手意識があった時の画です。
いや、今でもマスクとかワカランケド(´▽`*)アハハ
滅茶苦茶解像度高くしちゃって、途中で投げちゃった代物です。


で、先程の♂ですが、服着せて、なんかノリでメガネ掛けました。
生徒会長っぽいKAITOみたいです(笑)


面倒なのでメガネはフリーハンドで描きましたが
アナログで描く時は定規を使いましょう。
その方が格好いいです。
あと、こげ茶で描いてるのは
あとで色塗りする為です。

あと、練習でメガネを掛けた老若男女を何度も描いておくと
デッサン力があがると思います。
キャラにメガネを掛けさせてみると、意外とパースというか、バランスが取れてないことが分かるので
非常に便利なアイテムだと思います。

面倒だけどね。


と言うわけで、次は最後かな?塗り絵編です。お絵描き講座・顔編(斜め)その4へ。

お絵描き講座・顔編(斜め)その1の続きです。

「鹿男あをによし」のサントラが届きました☆
佐橋さんの曲は大好きッス!!!
(残念ながらドラマは見てないんですが…あ、明日やってるのかな?)
取りあえず、エンディングが格好いい!!
一番「佐橋さんらしさ」が垣間見えるカンジがしますワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ
自分が吹奏楽でホルンとトランペット、プライベートで(独学で)ピアノをやっていたせいもあって
どんなサントラも片っ端から買っていく程、オバカです。

あ、話逸れましたね。
じゃ、続きです。

------------------

顔の目・鼻・口あたりをかいたら輪郭に入りました。
えぇ、今回だけかも知れません。
「極端な斜め」の顔を描く時は、大概そんな順序です。
もう少しこっちむき・真正面の時は
輪郭からはいるとおもいます。



先程からかなり変わっちゃいました(´▽`*)アハハ
ストーリー上ならぶれないんですがw
ふにゃーんと絵を描くと迷いが出る、悪い見本です!気をつけましょう(´▽`*)アハハ




坊主を描こうぜ!大作戦です。
堀部は補助線(?)や十字線が嫌いなので
一気に描いちゃいますが、まぁ人それぞれなので入れても良いんじゃないかと思います。

というか、むしろ
それが出来た方が、後々楽です。
たぶん。
デッサン力のある人なら、それで色々描けるんだろうなぁと思います。
たぶん。




最初、目がでかくて
女の子にしようと思ってたんですけど、描いてるウチに
「コイツ怒ってんじゃね?」と思い、変更しました。
この後更に目を変更します。。。
いいんですよ!落書きなんだからっ!


で、最後に
ズラ乗せようぜ!!!!!!!大作戦です。



まぁ、ハゲが格好良く描けたら、何だって描けると思います。
因みに自分はMっぱげを描くのが好きです。
もっと言うと、オッサン描くのが好きです。
渋いのから変態まで。
あと、巨乳美人。


ちなみに、下は「ズラ乗せ作戦・大失敗」の見本を作ってみました。




これはコレでなんじゃないかと(笑)
まぁ、ウソですが。

まだ、続きます。
お絵描き講座・顔編(斜め)その3へ。

動画が作れれば、それで講座を作りたかったのですが、
いかんせん、そんな知識が無くorz

画を置きながらの解説で申し訳ないです。

ではでは、今日から
「堀部的、雑でもいいから描こうぜ!お絵描き講座」
を始めたいと思います(笑)
ようは、沢山描いたら上手くなるんじゃないかと言うことです。
えぇ、自分も含めて前向きな思いでw

でははじまりはじまり~

------------------


・・・まぁ、自分の描いてる環境はこんなカンジです。
メモリは1Gぐらい、スキャナはエプソンです。
が、今回はそんままペンタブレット(ワコム)で落書きです。
清書はまた今度。



今回はブログにupしやすいサイズ600×480ピクセルで描きました。
横になってますが、後で縦にしました。いつものクセでw
※ちなみに、原稿などだともっと解像度をあげます。200~300くらい。
 印刷物だとそれくらいで丁度イイと思います。




こんなカンジで。
レイヤーは、結構楽なので多用しますが、カラーで多くても7枚が限度です。
それ以上は堀部の気力が(笑)
カラーでは「乗算」というのをよく使いますが、それはまた今度。



輪郭から描く時もあれば鼻から、目から。
全身であれば足から、手先から…とその時のシーンによって
(強調したい部分から)描きますので、気まぐれ仕様です(´▽`*)アハハ



顔だけ描くと変ですねぇ(´▽`*)アハハ
あれ?5枚しかOKじゃないのかorz
んじゃ、この辺で☆続きはその2で!

プロフィール

リンク集

2008年03月

« 前の月   |   次の月 »

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新記事

カテゴリアーカイブ

月別アーカイブ